カレンダー
近隣天気予報
メニュー

★120プラドのDIY履歴
 ├全DIY履歴
 ├2004年のDIY
 ├2005年のDIY
 ├2006年のDIY
 ├2007年のDIY
 ├2008年のDIY
 ├2009年のDIY
 └DIY画像検索

★120プラドのDIYリンク
 ├リンクトップ
 ├内装
 ├外装
 └装備

★120プラドのDIYの方法
 └HowToDIY-トップ
  ├室内
  ├ドア周り
  ├フロント周り
  ├リア周り
  ├配線関連
  └基礎知識

★愛車 120プラド
 └It'sMyPrado
  ├2004年
  ├2005年
  ├2006年
  ├2007年
  ├2008年
  └2009年

★歴代の愛車
 └CarHistory
  ├MAZDA 323 Famiria
  ├Chaser GX71
  ├Chaser GX81
  ├Mitsubishi PAJERO
  ├LandCruiser 80
  |  VX-Limited
  ├Chevrolet ASTRO LS
  └LandCluser 120 Prado

★120プラドの主要緒元
 ├BaseCar
 └購入オプション

★120プラドの資料
 ├資料
 |├カタログ
 |└オプションカタログ
 └プラドの歴史

★120プラド写真館
 └写真館
  └壁紙

★好きな道
 └好きな道
  ├サロベツ原野
  ├やまなみハイウェイ
  └ファームロードひた
      &WAITA


★リンク
 └Link
  ├メーカーサイト
  ├パーツサイト
  ├車情報サイト
  └プラドオーナーサイト

★アイテム検索
 └アイテム検索

★ブログ
 └ブログ

★サイトインデックス
 └サイトインデックス

当サイトへのリンクについて
当サイトはリンクフリーです。相互リンク大歓迎です。
バナーはこちらからご利用ください。
管理人:プラ翁@mail ランドクルーザー120プラド DIY TOPページへ
LandCruiser 120 PRADO / How To DIY
■プラド /好きな道路/やまなみハイウェイ■
やまなみハイウェイ
九州ではなんといっても、このやまなみハイウェイでしょう。
昔は料金を取られる有料道路でしたが、かなり以前に、全線無料になりました。
大分側の水分峠から上り始め、最後に阿蘇にたどり着くコースが(南行)私は好きです。
九重連山を右に左に見ながら、徐々に高度を上げ、瀬之本までくれば、前には雄大な阿蘇外輪山としての草原の景色が目いっぱいに飛び込んできます。
後はゆっくり、草原の中を阿蘇目指して・・・

出発地となるのは水分峠です。
ここの名物やせうま
(だんご汁-この地域ではだご汁)
をいただきます。
やまなみハイウェイ方向に車を進めると、左手に小田の池が目に入ってきます。 少し寄り道して、湖畔で休憩もいいでしょう。
その先は、徐々に高度を上げていき、九重ラベンダー園、エルグランチョグランデ、くじゅう自然動物園を超えて、長者原に差し掛かります。
そろそろその雄大な景色の予感がしてきます。
長者原温泉では、よくこの噴煙を目にすることができます。
九重連山のくねくねと曲がりくねった山道を先へ進むと、牧ノ戸峠につきます。この先は瀬の本まで一気に下ります。
写真がないのが残念ですが、このくだりの最中からの眺めは、なんとも雄大です。
写真の左奥に見えているのが阿蘇五岳です。

瀬の本からの阿蘇方向の眺めは最高に雄大です。
草原が続いたその先に阿蘇が一望できます。
春には草原が水々しく、夏はさわやかな風が、秋にはススキで覆われ、冬は雪の下に・・・
四季それぞれに趣のある景色を見せてくれます。
ここから大分側に進むと竹田の子守唄の竹田にでますが、実はこの道がまた最高に爽快です。
アウトドア派の方には久住高原コテージがお勧めです。裸で高原に立てるお風呂があります! 一方、瀬の本から熊本方面に下るとあの有名な黒川温泉にいけます。
久住高原コテージへ続く道です! 爽快でしょ!
瀬の本から先へ進みます。ここから先は前に阿蘇、後ろに九重連山を目にしながらの草原ドライブです。
途中で複雑な交差をして、大観峰へ向かいます。
草原ドライブはやめられません!
大観峰です
ここからの阿蘇山、阿蘇五岳は見ごたえのある光景です。
大観峰は阿蘇外輪山の一部で、カルデラを通して阿蘇山が見えます。地理の勉強にもよさそうです。
←大観峰から阿蘇を望む
←大観峰から久住連山を望む
大観峰から阿蘇を眼前にして外輪山の中へ降りていきます。
阿蘇仙酔峡駐車場にて
見ごろを迎えたミヤマキリシマ
初夏の彩です
ルート全体 (大観峰から先は記載されていません)

ページトップへ
サイトランドクルーザー120プラド DIY サイトTOPページへトップへ
お断り
このサイトには色々と改造方法などを記載していますが、この通りにやれば必ずできるということを保障するものではありません。 また、このサイトを元にして実施する改造その他については、プラ翁は一切の責任を持ちません。 あくまでも自己責任にて実施ください。
このサイトの閲覧は、閲覧を元にした一切の改造その他をすべて自己責任で行うことを承認されたものといたします。 なを、このサイト上に記載している内容(BBSを除く)はプラ翁が実際に行った事柄と一部メーカー資料を元にしています。 誤った記述がないとはいえませんので、記述ミスがあればお知らせください。
更新日
2015/06/21 Sun 12:34:21
今日のプラド
Google検索
Google
とっておき